反応の毎日
休みなく毎日過ごしていると余裕の無いこと無いこと!!
仕事中、理不尽に思うことってまぁまぁあることなのに反応してムカムカ。

休憩をおして仕事をしたのに「あれができてないこれができてない」と言われ、よくよく時間配分考えても「できてない」の意味が分からずイライラ・・・
相手が状況を見ていないのでは?と思っているのに言えずイライラ・・・

これって出来事に対してちゃんと対応していない証拠!
物事に「反応」していたら疲れるのは自分。。。

「対応」していればきっとイライラしない。
イライラムカムカの言葉ではなく、きちんと真摯に伝えようとすれば自分の何かが違うばす。

嫌われるかもしれない、ハミ子にされるかもしれない、という憶測で何もせずにいるのは自分に負担がかかっています。
憶測はただ過去に囚われて動けないでいるだけ。
ちゃんと行動したなら、結果に反省することもでき次へ繋がります。

毎日の反応で考えがカチコチに固まって全く動けていませんでした。
気持ちにスペースを作って「反応」の毎日から脱出します!

一呼吸。
10秒15秒を勿体ながらずに自分のために。

スポンサーサイト
【2017/09/14 21:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑


9月レッスンスケジュール
9月のレッスン予定です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ヨガロータス天満橋
(大阪、天満橋駅)
土曜日9日、16日、30日
(9/2は休講、9/23は秋分の日祝日お休みです。)

18時からフロークラスを行います♪

ご予約・詳細はヨガロータス天満橋ホームページをご確認ください。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ぽれぽれヨガclub
(京都、東寺駅京都駅)
9/6(水曜日)
9/13(水曜日)
9/20(水曜日)


17時15分からのクラス(約70~80分)
どの年齢の方もご参加いただけます。

19時からのクラス(約70~80分)
どの年齢の方もご参加いただけます。

からだこころ、ひとつひとつ確認していきます。
時にはフローだったり太陽礼拝だったり、色々です♪

ご予約はぽれぽれヨガclub記事←クリック!>をご確認ください。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★

初めての方も大歓迎です。
よろしくお願いいたします。
【2017/08/26 12:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑


俯瞰してみると
「信頼していたのに」に続く言葉は「裏切られた」。
よく考えると私は勝手な期待から思い通りにいかない時、裏切られたと言いがちです。

思いがけない心ない言葉や行動に傷ついた時は?
そういう言動をした人を信用することができません。
腹を見せることができません。

信頼が無くなったら・・・?

自分への「信頼」がなくなったとしたら、取り戻したいのなら結果にとらわれず行動するのではないかと想像できます。

他の人の自分への信頼がなくなるのはきっと大変なことだと思っていたのですが、反対の、私が知人への信頼を無くす、信頼していたのに信用できなくなる、相手からの信頼を無くすのではなく相手への信頼を私が無くす、その大変さを噛みしめることになりました。

私の場合は、私にとっての暴言を受け取ってしまったことで傷ついてしまいシャッターが閉じてしまいました。

相手は悪人ではなく、キラキラと輝いている人気者の方だから尚更かもしれませんが、大げさに言うと、とにかくその方が何をしていても気にくわなくなってしまいました(笑)
信頼どころの話ではありません。

これは相手ではなく自分の問題です!

暴言を言ったこと自体はおいておいて「気にくわない」ことについて。
気にくわなく思っているのは私、私の心の問題です。

「暴言」が言われた過去にとらわれ、そのような目でしか見ないのでなんとなく気にくわない。。。
「気にくわない」は私の中だけで発生し、その人が発信し続けているわけではありません!!

私は自分で厄介なお荷物を持ってしまいました。
気にくわなく思っている自分は好きではありません。
気にくわなく思っていると楽しくありません。


人とはどういう生き物か?
『人は間違います。』
『人は完璧ではありません。』

間違わない人なんていないと言い、頭では分かっているつもりなのに、その間違い(言動)を許したり、ただ事実として受け止めている人はどれだけいるのでしょうか。
気にくわなく思っている私はできていません。

そして「信頼がない」のは自分自身に対して。
自分に自身への信頼があれば「暴言」をそのまま受け取ってしまうこともなかったと思います。

「信頼」がないと原点が揺らいでしまうのではないか!?

暴言によって揺らいでしまったのは自分に自信がないから。
社会の中の双方向の信頼と、自分の中にある信頼。
考えていこうと思います。

腹立たしいことも悲しいことも傷つくこともありますが、感情に飲まれることなく、ちゃんと自分のことを見ていたいです。



体も写真で見るようにちゃんと見えていたら痛くならないんだろうなぁ
【2017/08/12 08:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑


どうして痛みが減ったのか
私が古典と呼ばれるヨガに少しでも触れることができて変わったことは、とにかく体の痛みが減ったこと。

全然違います。
こんなポーズやあんなポーズをとることができるということより毎日がハッピーです!

今はヨガをシェアさせていただく以外に「アロマセラピスト」なんて呼ばれる仕事に就いています。
お客様にはベッドに横になっていただいてセラピストは立ってハンドトリートメントを行います。
実は私が想像していた以上の重労働。
ヨガを少しも知らないままの私だったら、きっと間違いなく腰が痛くて、痛みと戦いながら施術することになって仕事を続けられるかどうか・・・
今の私は大丈夫です♪


マスターに出会う前は腰がとにかく痛かったです。

腰痛がひどいと動きが制限されます。
思考も制限されてしまいます。

どうして腰が痛かったのか?

ちゃんと動かしてやれてなかったのです。
自分の身体の動かし方を知らなかったのです。

どうして腰が痛くなくなったのか?

昔、腰が痛いからできなかった後屈、私が知らなかったアプローチで身体を動してみたら痛くなかった!
私は痛いやり方で後屈の動きをしていたからできなかった。
痛いやり方だから身体は固まり後屈にもなってなかった。
後屈ができないのではなかったのです。

実際に自分でやってみないと分からないことでした。
痛い動かし方をしていたということを知りました。
できないのではないということを知りました。

自分だけで体験できる方もいるとは思いますが、自分だけで難しいときは教えてもらいます。
私はマスターから教わりました。

陳腐な例かもしれませんが、ヘレンケラーが水を体験して初めて水はこれだと思った気づき。
知らなかったから知ったに変わる。
そして知らなかったということを知る。
そのような気づきが必要なのだと思います。

『あ、こうやって動かしたらいいんや!』
『そうやったんか!』

痛くない動作を繰り返して腰痛にはなりません。
痛みを作ってきた長年の動作を変えるのは一苦労だと思います。
私は今も「あ、きた。痛みがきたってことはアカン動きしてるんや!」って直します。
痛くない動きをして自分に教えてやります。
その積み重ねです。

動きが制限されていたのが減った今。
思考の制限も減っています。

そういう体験をシェアさせてくださいね♪
読んでいただいてありがとうございます♡



スクワットにはげむ仲間YOUちゃんとスクワットがキレイな此度クラスで「初」を連発した生徒さん♡
ヨガロータスにて。
【2017/07/30 08:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑


続ける力




祇園祭。
仕事場に行く時、はしっこから(笑)撮りました。

一枚目の写真。
ここから先まっすぐ行くのは困難だろうと回り道。
障害物(ではなくて鉾と人と人!)が多くて予想もできない。

二枚目の写真。
大通りまで迂回してきたのでパシャリ。

祇園祭は1ヶ月あるお祭り。
八坂神社の祭礼。
京都のまちに疫病が蔓延はしていない現代まで、もう千百年続いている。

これだけ続けて行うのは大変なこと!
どんな力がどのように働いているのか分かりませんが、ものすごいパワーで続けられていることは想像できます。
「続ける」という強い意思。
そして祭りを執り行うのが団体であるというのも大きな力かもしれません。

何かを続けていくのは時に挫けそうになったり止めてしまったり・・・・・・
続けていくことの難しさを日々感じます。

止めてしまったのならまた始めて、挫けそうになったら誰かに相談したり、諦めない!!
私はそうやって続けていきたい。
諦めないという強い意志が続ける力なのだと思います。

何かを成し得ようというような大きな目標でなくても、毎日を楽しく生きていくぞって思ったなら、それを続けていくことを諦めない♪
挫けそうになったら誰かに相談(♡^^♡)
楽しくなるまで試行錯誤。やってみる。
楽しく生きることを諦めない!
【2017/07/28 20:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次ページ